災害復旧のために行政が主になって動かないのなら、私はなぜ税金を納めているのだろうか。

  • 2019.11.04 Monday
  • 16:49
 
コチラのニュースについて感じたことを書かせていただきます。
 
台風被災地に近づく冬「長期支援が必要」
https://news.infoseek.co.jp/article/mainichi_20191103k0000m040411000c/
 
 
 
自然災害は、ある意味で「仕方のないこと」なのかもしれません。
 
自然の脅威に、人間はただ呆然とするしかないというのが正直なところです。
 
 
私たちにできることは、事前の備えをすることと、
 
災害が起こった後に迅速に対応し、復旧のために動き出すことというのは全人類の共通に考えることでしょう。
 
 
異常気象も相まって、台風の進路が昔とは違ったり、規模も大きくなっています。
 
人間にできることなど、限られています。
 
 
台風被災地にとって、寒気がやってくる冬を無事に過ごすことが課題なのは確かです。
 
異常気象のためか、冬の寒さも厳しくなっていますから。
 
 
泥かきや家屋の清掃等、「行政の役割ではないか」という意見もあるようです。
 
 
私は、ボランティアよりも行政が主になってしなくてはいけないと考えています。
 
もちろん、ボランティアの方がいてくださらなければ災害復旧はもっと遅れてしまうので必要です。
 
 
それでも、本来ならば一番に力を入れて復旧に尽力しなければならないのは、行政です。
 
 
その理由は、「市民が税金を納めている」からです。
 
 
市民が税金を納めているのは、国会議員、市議会員などのお給料のためではありません。
 
確かに税金は、道路を作ったり、河川を整備したりすることなど、市民のためになることに使われるものです。
 
私たちが納めている税金は、「市民のために使われる」のです。
 
 
確かに災害時には自衛隊が駆けつけたりと、行政の力添えもあります。
 
それでも、自衛隊には派遣期間があり、長期的に支援することは難しく、
 
自衛隊にも、外交問題などに対応するために、いろいろあることは知っています。
 
 
それでも、国民が窮地に陥っているときに、行政が主だって動かないとはどういうことなのか、と考えてしまいます。
 
行政がボランティア団体と連携するでもいいし、
 
ボランティアの衣食住にかかる経費を行政が負担するでもいいですし。
 
 
私は幸いにも台風の被害がなかった地域に住んでいますが、
 
私が今まで払ってきた税金が、他の県のために使われようが、かまいません。
 
 
それは、「情けは人の為ならず」ということです。
 
私が納めた税金が、被災地のために使われても、
 
いつか、私の住む地域が被災地となったときに、同じように税金を使って助けてくれるのですから。
 
 
※情けは人の為ならずは、「人を助けるのは、自分のためだ」と思っている方が多いですが、
もう少し深い意味がありますので、調べてみてください。
 
 
消費税も上がって、他にもいろいろ税金と言う名目で納めているのに…、
 
こういうときに「ばーん」と使ってもらわないと、納める気も失せますね。
 
 
基本的に市町村では、年間の税収を翌年に繰り越せないと聞いたことがあり、
 
年度末になると、意味も分からない工事が始まっていたりもしますが、
 
 
これだけ災害が増えているのだから、
 
繰り越して、貯めておいて、いつ起こるかわからない災害に備えてほしいです。
 
 
きっちり監査とかすれば、横領とかも防げると思うのですけど。
 
 
なんというか、
 
感じたことを書いてしまいましたが、私の情報が古かったり、間違っていたらご指摘ください。
 
 
 
泪-rui-

「安物買いの銭失い」をしてもいいものと、絶対にしてはいけないものを事前に決めておけばいいのですよ。

  • 2019.11.05 Tuesday
  • 07:31
 
こんにちは。
 
気になったニュースについて、いろいろと語らせていただいています。
 
 
コチラのニュースです。
 
果物からスマホの充電ケーブルまで… 安物を買って後悔した体験談
https://news.infoseek.co.jp/article/sirabee_20162163995/
 
 
 
「安物買いの銭失い」という諺がありますが、私も若い頃は散々な目に合ってきました。
 
安いからと買った電化製品がすぐにダメになってしまって買い替えることになったり、
 
激安のお菓子が、あまり美味しくなかったり。
 
 
もともと、節約が好き(というよりもケチ)なところがありましたから、
 
失敗したことは山ほどあります。
 
 
今では、その失敗を生かして「安物買いの銭失い」にならないようにしているつもりですが、
 
まだまだ失敗することがありますね。
 
 
私が「安物買いの銭失い」をしないように心掛けていることを、いくつか紹介させていただこうと思います。
 
(個人の考え方は、それぞれの生活のニーズがありますので、ご参考までに)
 
 
初めに考えたことは、
 
「安物買いの銭失い」をしてもかまわないものと、してはいけないものの区別を付けます。
 
 
安価で質を気にしなくていい物は、大まかに言えば「消耗品」です。
 
 
例えば、
 
・洗剤 (食器用、洗濯用、ハイターなど)
 
安いもので失敗しても、すぐに使い終わるものですから、一度の失敗くらい大したことはありません。
 
 
・食器拭きようのふきん
 
こちらも百円均一にて購入。
一定期間で、雑巾として活用されます。
 
 
・歯ブラシ
 
基本的には百円均一で6本入りを購入しています。
歯ブラシは、雑菌が付着するので1週間くらいで交換していますので、高価な物を買う必要はありません。
 
 
・掃除用(雑巾や、床拭き用シートなど)
 
掃除を終えたらすぐに捨てるものなので、これも百円均一で購入しています。
汚れたものを洗ったりハイターで付けたとしても、完璧に綺麗になるものではないので、使い捨てです。
除菌等をするならば、薬局で売っているエタノールなどで対応できますよ。
 
 
基本的に日用品であり、消耗品であるものは安いものを購入して、
 
失敗しても、使い切るのに時間もかからないので、安くて質も気にしなくてもよしとしています。
 
もし、質的に気に入らなくても、ある程度は我慢して使います。
 
もったいないですからね。
 
 
 
食品に関しては、
 
安く購入して「あまり美味しくない」と感じたときは、次に買うことはありません。
 
さらに安くて美味しいものを探せばいいのですから。
 
それは、実践と経験を積むしかありませんし、個人の好みもあります。
 
 
果物に関しては、甘くなかったとしたら、 
 
ジャムやフルーツソースにしたり、砂糖で甘く煮て、ヨーグルトに入れて食べたりすることもできます。
 
 
工夫するしかないところではありますが、
今は、レンジで簡単に出来る方法があるので、レシピサイトで探してみてくださいね。
 
 
 
逆に、安くても質が悪いものでは絶対にダメだと決めているものですが、
 
 
私個人の意見ではあるのですが、
 
 
パソコン、スマホなどの電子機器です。
 
もちろん、パソコン周辺機器や、ネット環境に関しても同じです。
 
スマホの充電器に関しても、絶対に正規品を購入します。
 
充電器からスマホ本体が壊れてしまうこともありますから。
 
 
他にも、音楽を聞くためのヘッドフォンなども含まれます。
 
 
パソコン、スマホに関しては、在宅ワークに必要なものですから、
 
ある程度のスペックと、長く使えることを重視して、高くてもいいものを選びます。
 
 
ヘッドフォンに関しては、音楽を聞くことが好きだからというのもありますね。
 
 
タブレットも持っていますが、こちらは有料動画サイトや電子書籍を見るためだけに買ったものなので、
 
2万円くらいの安価なものです。
 
 
 
私の個人的な意見ではありますが、
 
 
「安物買いの銭失い」をしても、かまわないもの。
 
絶対に、してはいけないもの。
 
 
その2つを区切って考えて、買い物をすればいいのではないかと考えます。
 
 
もちろん、1人1人で2つの中身は違ってきますが、
 
それは、仕事の内容や、生活に求めているものがそれぞれ違いますから、当然のことです。
 
 
長い目でみたとき、それが「節約」になっていくのですから。
 
 
 
家庭の生活を守る主婦として、
 
お金の使い方に悩むのは当然のことであり、失敗するのも当然のことです。
 
 
故に、失敗してもいいことを先に決めておけば、失敗しても気が楽ですし、
 
失敗した時に、どうやって「失敗しなかったこと」にするかの工夫も楽しいです。
 
誤魔化した失敗が成功した時ほど、楽しいことはありません。
 
 
お金に関すること、お金の使い方に関しては、
 
家庭で充分に相談することが大事です。
 
「なにを節約するのか否か」を決めておかないと、喧嘩のもとですからね。
 
 
我が家では、お金に関することも、使い方に関しても夫婦で話し合っています。
 
昔は、妻は旦那に隠れた貯蓄をして、いざというとき助けるものだと言われていたようですが、
私には隠している貯蓄はありません。
 
その理由は、隠してる貯蓄なら、使ってもバレないからであり、
そんな貯蓄に期待されても困るからです。
 
 
家計簿も、いつでも主人に見せられるように付けていますし、
通帳も、定期的に確認してもらっています。
 
 
 
少し話がずれてしまいましたが、
 
「お金をどう使うのか」「各自、自由に使えるお金はどれくらいか」など、
 
 
まずは「安くてもかまわないもの」「高くて質のいいものではないとダメなもの」を決めることが大事だと考えます。
 
 
 
泪-rui-
 
 

トマトとチーズの包み焼は、とろ〜っと美味でした。

  • 2019.11.05 Tuesday
  • 10:59

 

こんにちは。

 

先日、おやつに食べたパンです。

 

買ったところは、マックスバリュのパン屋さん。

 

トマトとチーズの包み焼、みたいな名前のパンでした。

 

 

帰宅してから、トースターで3分くらい焼いて食べました。

 

中のチーズとトマトソースの絡みが最高で、満足です!

 

パンも仲はふっくら、外はパリッとしていて。

 

 

 

主人も私も食事制限、カロリー制限をしているので、

 

半分こしています。

 

この写真は、半分こした状態です。

  

 

1個全部の写真は撮り忘れました。すみません。

 

 

主人と半分こしていますが、

 

それでも食べ応え充分でした。

 

 

やっぱり歳を重ねると、食事量も減っていきますね〜。

 

 

泪-rui-

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

広告

広告

Google

広告

広告

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM