多忙を極めている方にお勧めする休息方法は「映画」なのだ。

 

 

 

  

先日、久しぶりに映画に行ってきた。

 

やっぱり迫力があって好きだ。

 

 

時間が合わなくて行けないことが多いが、

 

年に数度は行く。

 

 

「どうしても映画で観たい!」というものもある。

 

主人が「行くぞ!!」と決めてくれないと、行かないというのもある。

 

 

独身時代は、よく1人で映画館へ足を運んでいた。

 

目的は「休息」だ。

 

 

なにかと忙しい日々を送っていて、

 

意識して休息をとらないと、延々と仕事をしてしまう私。

 

 

映画館で映画を観ていると、

 

映画を観ることしか、やることがない。

 

携帯の電源を切っていても、対応しなくてもいい。

 

というか対応したら、マナー違反だ。

 

 

劇場内は暗いので、なんとなく落ち着く。

 

寝ていても問題はない。

 

念のために荷物はロッカーに預けておく。

 

 

平日の映画館は空いているので、気も楽だ。

 

 

そんなわけで、

 

映画上映の2時間くらいは「ぼけー」っとすることができる。

 

 

サービスデーに行くと1100円だし、

 

ドリンクと駐車料金を合わせても2000円くらいで済む。

 

 

丁度いい、リラックスルームなのだ。

 

 

同じ作品を観ることはなかったが、

 

ほのぼの系の作品や、アニメが多かった。

 

 

私にとって、映画を観ている時間が「休息」だったのだ。

 

 

泪-rui-

 

 

(2019.08.20)

 

 

 

 

 

肝の据わった男だ、と思うこともある。

 

 

 

 

主人のことを凄いなと感じるエピソードがある。

 

東日本大震災が起きたとき、

 

主人はパチンコ屋にいたらしい。

 

 

地域的には離れているが、かなり大きく揺れた。

 

他のお客さんたちは、即座に帰宅したとのこと。

 

 

主人は、その後もパチンコ屋に残っていた。

 

停電にはなったらしいが。

 

 

理由は…。

 

・渋滞が発生するから

 

・慌てた人たちが事故を起こす可能性があること。

 

 

なので、「無理に動かない」という選択をした。

 

 

もちろん、家族に連絡はしてある。

 

 

その状況で、「動かない」という判断ができることが凄い。

 

 

先日、スマホに緊急地震速報のアラートが鳴った時も、

 

慌てふためく私を落ち着かせてくれたし、

 

その前に、ガスの元栓を締めていた。

 

 

肝の据わった男だ…。

 

 

泪-rui-

 

 

(2019.08.19)

 

 

 

 

人間は無力な生き物だ。

 

 

 

 

台風って怖いよね。

 

けど、自然なことだから仕方ないよね。

 

 

被害がないことを祈りつつ、

 

いろいろな対策をする。

 

危険な場所へは行かない。

 

 

それくらいのことしかできない。

 

 

人間とは無力なものだ。

 

自然の力には敵わない。

 

 

大きな台風が来ると、怖い。

 

けれど、台風をなくすことはできない。

 

 

ただ、過ぎ去るのを待つだけ。

 

 

どんなに対策をしても、

 

食料を買い溜めしても、

 

不安が消えることは無い。

 

立ち向かうことはできない。

 

 

人間は、無力だ。

 

 

泪-rui-

 

 

(2019.08.18)


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

広告

広告

Google

広告

広告

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • あなたは、あなたを大切にしてください。私は私を大切にします。
    泪-rui-
  • あなたは、あなたを大切にしてください。私は私を大切にします。

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM