主人からの「帰るよコール」の重要性。

  • 2020.03.16 Monday
  • 06:34

 

 

こんにちは。


我が家では、主人が会社から帰宅するとき、

必ず「帰るよコール」をしてきます。
 

 

 

まあ、周りからは「新婚の時だけ」なんて言われもしたんですが、
 
私たち夫婦に、そんなつもりはなく、
 
ただの「連絡事項」なんですよね。
 
 
私自身は、家事を担っていますし、
 
食事の用意をしたり、
 
お風呂の準備をしたり、と。
 
 
主人が帰宅してから、すぐにやることが結構あるのです。
 
 
それに、いきなり帰ってきて、
 
「すぐにご飯を食べたい」とか、「お風呂に入りたい」なんて言われても、
 
とても困るのです。
 
 
私もずっと家にいるとはいえ、
 
執筆していたり、イラストを描いていたりで、やることは多いのです。
 
 
主人の帰宅時間を把握せずに、
 
「いつ帰ってくるのだろうか…」なんてもモヤモヤもしたくありませんし。
 
 
ゆえに、主人から「帰るよコール」が入ったら、
 
今日の作業は終わり〜と、終了準備に入ります。
 
 
お風呂を沸かしながらだったり、とか。
 
 
お風呂や食事の下準備で、作業の片づけと並行しながら、
 
主人の帰宅を待っているのですよ。
 
 
ずっと家にいるからって、暇なわけじゃないし、
 
傍にいるわけでもなく、行動を監視しているわけでもない主人が、
 
いつ帰ってくるか、とか。
 
帰宅したら、なにを所望しているのか、なんて、
 
エスパーじゃないんだから、わかりません。
 
 
だからこそ、帰宅前に電話で「お風呂沸かしておいて」とか、
 
「なにか軽く食べるものある?」とか、
 
連絡は確認をしているのです。
 
 
私自身が、在宅でブログやサイト運営をする条件として、
 
家事を担って、主人が仕事しやすい環境を整えるというものがあります。
 
 
それをせずに、私が作業ばかりして、家事をしないことは違うんですよ。
 
 
家事をすることも、気晴らしや運動になりますからね。
 
 
稼ぎ頭は主人ですし、
 
私は好きなことをさせてもらってます。
 
 
逆を言えば、
 
炊事洗濯などの家事をきっちりやれば、
 
私は自由を得られる!!ということなんですよ。
 
 
役目を与えられず、役目を果たさずに得る自由は、
 
自由ではありませんからね。
 
「帰るよコール」のエッセイ漫画はこちらです。
 
https://rui-world.net/archives/370
 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

広告

広告

Google

広告

広告

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM