昔の自分を思うと「どうして、そこま必死で生き急いでたのだろう…アホか」という感想しか出てきません。

  • 2020.03.12 Thursday
  • 06:28

 

おはようございます。

 

世の中は、なんだか混乱しておりますねぇ。

 

ブログとかサイトの中では、そういう話題は避けていきたいなぁとは思っていますが、

 

どうしても、なにか言いたくなってしまうことはあります。

 

できるだけ、世の中の混乱には触れずに投稿していきたいと考えていますよ。

 

 

世の中、テンションが下がって不安になるニュースばかりなので、

 

「いつも通り」な場所があってもいいですよね。

 

たまに話題にしてしまうことはあるので、ご容赦くださいね。

 

 

 

というか、もう朝6時を過ぎたのですねぇ。

 

朝4時に起きているのですが、

 

なんかTwitterとか動画とか見ていたら、この時間になってしまいました。

 

 

まあ、たまにはいいです。

 

人間だから。

 

 

そんな時間があってもいいんです。

 

 

昔の私は、少しでも怠ける時間があることが許せませんでした。

 

常に、なにかしていないと落ち着かないといいますか。

 

「自分はダメな人間だ」と思っていましたね。

 

お昼寝することも、悪だと考えていました。

 

仕事を休むことも、そうです。

 

   

それで、体を壊しているのですよ。

 

 

考えが変わったのは、主人と出会ってからです。

 

 

主人は「疲れたらお昼寝しなさい」「仕事よりも、ちゃんと食べなさい」と叱ってくれる人で、

 

結婚したばかりの頃は、

 

朝4時に主人に朝ご飯を持たせて送り出してから、一通りに家事を済ませて、

 

作業デスクの前に座ったら、コーヒーなどの飲み物だけで、

 

主人から「帰るよコール」があるまで、ずっと仕事をしていました。

 

 

単純に言えば、ご飯を食べることを「忘れる」のです。

 

夕飯を大量に食べる私を見て、主人が「今日、なにか食べた?」と聞いてきて、

 

朝から、なにも食べていないことがばれましたね。

 

 

それからは、「帰るよコール」を受けてから主人が帰宅するまでの30分の間に、

 

とりあえず、シリアルとかをお腹に入れてごまかそうとしたのですが、

 

家に着く10分前くらいに電話を入れるなどの対策をされ、また叱られることが多くて。

 

 

結婚前から、そんな生活をしていたので、

 

そのころから、貧血や栄養失調などの症状が現れるようになりました。

 

 

 

さすがの私も「このままじゃ、仕事もままならない!」と思いまして。

 

情けないことに、お仕事大好きで仕事のために生きていたような人間だったのですよ。

 

 

体調を崩したこともあり、そのころにしていた仕事はすっぱり辞めて、税務署に廃業届も出しました。

 

 

今のところに引っ越してからは、

 

学生の頃から大好きだった創作活動をのんびりしています。

 

 

最近は、体調も回復してきたので貧血で動けなくなることもなくなりましたよ。

 

眠いと感じたら、お昼寝ができるようにもなりまして。

 

 

今だから言えるのですが、

 

「どうして、そこまで必死に生き急いでいたのだろう。アホなのか…」と。

 

 

こうして、私はいろいろと学んだのですよ。

 

 

るい

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

広告

広告

Google

広告

広告

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM