子どもが理解できるってことは、大人には「超わかりやすい」ってことなんですよ。

  • 2020.03.11 Wednesday
  • 06:04

 

私が、創作活動など様々な活動をするにあたって、

いつも念頭においていることがあります。


それは、法律、ルール、マナー、モラルを守ったうえで、自由になにかをすることです。

 

こども六法 [ 山崎 聡一郎 ]

 

 

昔、「成功法は、正攻法」という言葉を友人が言っていました。


その言葉を聞いて、「確かに」と心から思ったものです。


だからこそ、今の私の中には「正攻法は、成功法」という言葉が根付いています。


自由とはなにか。


私は、昔からずっと「自由に生きたい」と願っていました。


けれど、自由とはなんなのか、わからないのも事実でした。


様々なことを学び、知識を得て、経験を積んで、

ようやく「自由とはなにか」という問いに答えが出たのです。


私にとって自由とは、


ルールやマナーを守り、

自身が与えられた役割を、きっちり果たしたあとに得られるものなのですよ。


例えば、私は在宅ワークで多少の収入を得ています。

主な収入源は、サラリーマンである主人です。

生活にかかるお金は、主人のお給料のみで賄っており、

私個人の収入は、私の活動費用で消えてしまいます。


そんなわけで、私は、創作活動や様々な配信などを行いながら主婦業もしています。


炊事家事洗濯など、きっちりと役目を果たしたうえで、

私自身が「やりたい」ことをさせてもらっているのです。


例えば、私が家事しない、食事の支度もせずに自分の活動だけしていては、

外で働いて、生活費を稼いでくれる主人にとっては「なにやってるんだ」となるでしょう。


自分の活動費用しか稼げておらず、

生活は、主人のお給料に頼っている。


メインで稼いでくれているのだから、主人が働いて疲れて帰ってきたときに、

お風呂の準備をしたり、食事の準備をするのは、私の役割です。


はっきりと言えば、

私は、主婦業をきっちりすることで、自分のやりたいことをさせてもらっているのです。


体調が悪いときや、作業に集中しすぎてエネルギー不足になったときには、

主人はサポートしてくれますよ。


夜遅くに作業部屋に籠っていてもなにも言いませんし。



なんといいますか…。


私は、与えられた役目を果たし、

ルールとマナーを守りながら、こうやって活動ができているのです。


けれど、実際にルールやマナーと言っても、いろいろなものがあります。


六法全書を熟読すればいいのでは…?


そう思っても、なかなか完読できるものでも、

すべても理解できるものでもありません。


大人だって難しいんです。


だから、こうやってわかりやすく書いてくれると助かります。


「こども六法」ということは、子どもが理解できるということで、

子どもが理解できるということは…。

大人にもわかりやすいってことですからね。

 

こども六法 [ 山崎 聡一郎 ]

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

広告

広告

Google

広告

広告

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM