【古紙再生の話】 第7回 牛乳パックは、かなり良質な材料でできているのですよ。だから、リサイクルには最適の材料なんです。

  • 2020.01.07 Tuesday
  • 18:27

 

最近、古紙回収でもポイントが貯まることを知って、

 

気になって、いろいろ調べてみました。

 

 

そこで目に留まったのが、

 

静岡県富士市に拠点を置いている「丸富製紙」です。

 

 

丸富製紙直販ショップ

 

 

リサイクルのことや、再生紙についていろいろ調べてみましたので、

 

いろいろ語らせていただきます。

 

 

ーーーーー

 

第7回

牛乳パックは、かなり良質な材料でできているのですよ。だから、リサイクルには最適の材料なんです。

 

 

前回のお話はこちらです。

【古紙再生の話】 第6回 スーパーで見かける「かわいいなぁ」と思っていたトイレットペーパーがすべて丸富製紙だったことにびっくりしました。

 

 

ーーーーー

 

第7回目は、「牛乳パックからトイレットペーパーを作ると、なにがいいのか」について、お話させていただきます。

 

 

まず、「牛乳パック」を思い浮かべてみてください。

 

そのままの形だけではなく、

 

冷蔵庫に入っている姿、

 

飲み終わったあとに、切って開いたところもです。

 

 

 

まず、牛乳パックは真っ白です。

 

あと、牛乳という液体が入っているのに、

 

中身が漏れることはありません。

 

表面もツルツルしていますよね

  

 

冷蔵庫の中でも、しっかりと立っています。 

 

 

牛乳パックは液体が漏れ出さないように、

 

繊維の密度が高いのです。

 

上質なパルプを使用しています。

 

 

私も小学校のときに「紙漉き」をしたことがありますが、

 

そのときは、牛乳パックの表面のツルツルしたものをはがしたりして、

 

かなりの手間がかかりました。

 

 

実は、リサイクルしやすいものでできているのですが、

 

性質上、工場などでリサイクルするには不向きなものでした。

 

 

せっかくリサイクルしやすいものなのに、もったいないのです。

 

 

先ほどもお話しした通り、

 

牛乳パックは良質なパルプで作られていますから、

 

リサイクルすれば、真っ白な紙ができあがります。

 

 

一昔前は、牛乳パックは「燃えるゴミ」として処分するしかありませんでした。

 

 

昨今では、「ごみの多さ」も問題になっています。

 

焼却処分するときには、石油を使いますし、

 

焼却時には、CO2も大量に発生して、環境を壊します。

 

 

良質なパルプを使用している牛乳パックは、

 

リサイクルすれば、良質な紙ができあがるのです。

 

 

ーーーーー

 

次回は、再生紙を使用して作られている丸富製紙さんの製品をご紹介いたします。

【古紙再生の話】 第8回 丸富製紙のかわいいトイレットペーパーをご紹介します。 

 

ーーーーー

 

リサイクルに力を入れている製紙会社「丸富製紙」は、

 

再生紙を使用し、上質なトイレットペーパーを作っています。

 

【エコ商品】 【白い紙】トイレットペーパー 芯なし芯なしトイレットペーパー シングルまとめ買い モーリ 48ロールトイレットロール 専用芯棒をいるタイプ

 

 

丸富製紙の直販ショップはこちら。

グリーンコンシューマーのお店

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

広告

広告

Google

広告

広告

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM