【古紙再生の話】 第4回 物資の豊かな国だからこそ、買うものを自分で選ぶことができるのです。

  • 2020.01.05 Sunday
  • 04:38

 

最近、古紙回収でもポイントが貯まることを知って、

 

気になって、いろいろ調べてみました。

 

 

そこで目に留まったのが、

 

静岡県富士市に拠点を置いている「丸富製紙」です。

 

 

丸富製紙直販ショップ

 

 

リサイクルのことや、再生紙についていろいろ調べてみましたので、

 

いろいろ語らせていただきます。

 

 

ーーーーー

 

第 4 回

物資の豊かな国だからこそ、買うものを自分で選ぶことができるのです。

 

 

前回の記事はこちらです。

【古紙再生の話】 第3回 トイレットペーパーは、使ったら水に流す。紙の最終形態だからこそ、再生紙を使ったものを選ぼう!!

 

 

ーーーーー


第4回目は、「物資の豊かな日本だからこそ、再生紙を使おう!」というお話をさせていただきます。


日本は、あらゆる物で溢れかえっています。

お店に行けば、なんでも揃っていて、

食べるものに困ることは、ほとんどありません。


仮に働けなくなったとしても、ちゃんと手続きをすれば行政が手助けをしてくれます。


実は、日本は世界的に見ても豊かな国なのです。

私自身、ずっと日本で暮らしていますので、

幼いころや、学生の頃は、日本の生活が「当たり前」だと思っていました。


けれど、世界規模で見てみれば、

食べることもままならない国があったり、

戦争をしていて、少年兵がいたりします。


もちろん、昔の日本も食べることもままならず、

若者が戦争に駆り出される貧しい国でした。


戦後から、高度経済成長を遂げ、

目覚ましい速度で、とても豊かな国になったのです。


バブル崩壊後に経済は低迷していますが、

食べることに困るというのは、ほとんど無く、

お店に行けば、なんでも揃っているという生活なのです。


しかし、国が豊かだからと言って、

地球の環境資源を食いつぶすようなことをしていいのでしょうか。


私は豊かな日本だからこそ、

地球の環境資源を大切にするべきだと考えています。


その理由は、

「生活にゆとりがある」からです。


食糧不足の国や、戦争をしている国に住んでいる方たちは、

「もの」を選んで買うことができません。


けれど、日本に住んでいる私たちは、それなりに豊かですから、

「自分で使うもの」を、「選ぶ」ことができます。


だからこそ、「再生紙」を使用した製品を選んで、

地球にやさしい活動「エコ活動」をすることができるのです。


せっかく、トイレットペーパーを自分で選んで買うことができるのですから、

地球環境のために、再生紙を使用した商品を選びたいですよね。


(次回へ続く。)

ーーーーー

 

ーーーーー

 

 

再生紙を使用し、上質なトイレットペーパーを作っています。

 

【エコ商品】 【白い紙】トイレットペーパー 芯なし芯なしトイレットペーパー シングルまとめ買い モーリ 48ロールトイレットロール 専用芯棒をいるタイプ

 

 

丸富製紙の直販ショップはこちら。

グリーンコンシューマーのお店

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

広告

広告

Google

広告

広告

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM