【古紙再生の話】  第1回 リサイクルを恥ずかしいとか、みっともないという人が理解できません。

  • 2019.12.28 Saturday
  • 18:02

 

最近、古紙回収でもポイントが貯まることを知って、

 

気になって、いろいろ調べてみました。

 

 

そこで目に留まったのが、

 

静岡県富士市に拠点を置いている「丸富製紙」です。

 

 

丸富製紙直販ショップ

 

 

リサイクルのことや、再生紙についていろいろ調べてみましたので、

 

いろいろ語らせていただきます。

 

 

ーーーーー

 

第1回 

リサイクルを恥ずかしいとか、みっともないという人が理解できません。

 

 

こんにちは。

 

最近、リサイクルに関心がありまして色々と調べていました。

 

 

正直に言えば、昔から関心があったのですが、

 

なかなか行動に移せずにいたのです。

 

 

その理由は、周囲が「リサイクルなんて、みっともない」という人が多かったからです。

 

私には、なにが「みっともない」のか理解できませんでしたが、

 

馬鹿にされたような口調で言われてしまえば、行動に移すのも躊躇してしまいます。

 

 

周りの言葉を無視する勇気があればよかったのですが、

 

私にはそんな勇気はありませんでした。

 

情けない話です。

 

 

ちなみに、リサイクルに消極的な方たちは、

 

食品トレイ、お菓子の箱などは「燃えるゴミ」というように、

 

燃えるゴミとして出しても回収してもらえるものは、すべて燃えるゴミとして処分していました。

 

 

ペットボトルなど「燃えるゴミとして回収されないもの」だけは、「仕方なく」というように地域の収集日に出しているようでした。

 

 

最近は、ペットボトルや古紙のリサイクルでポイントがもらえたりしますが、

 

それに関しても「はしたない」と言われましたね。

 

その理由も、よくわかりませんが。

 

 

今は、主人と2人で暮らしていますし、

 

リサイクルすることも、ポイントを貰うことも賛成してくれているので、

 

意気揚々とリサイクルに励んでいます。

 

 

そんなわけで、リサイクルに取り組むようになったわけですが…。

 

案外、知らないことが多かったりします。

 

調べたり、人に聞いたりしながらリサイクル、エコ活動を実行中です。

 

 

今回は「古紙」について、掘り下げていきますね。

 

 

私自身、新聞や雑誌、書籍などはもちろんのこと、

 

コピー用紙なども多く使うので、「紙」が一番身近です。

 

 

とりあえず「紙のリサイクル」について調べることにしました。

 

 

次の記事では、再生紙はどうやって作っているのか、

 

簡単に説明させていただいています。

 

 

次の記事はコチラ。

【古紙再生の話】 第2回  古紙を再生紙にする方法を簡単に説明しますね。

 

 

ーーーーー

 

リサイクルに力を入れている製紙会社「丸富製紙」は、

 

再生紙を使用し、上質なトイレットペーパーを作っています。

 

【エコ商品】 【白い紙】トイレットペーパー 芯なし芯なしトイレットペーパー シングルまとめ買い モーリ 48ロールトイレットロール 専用芯棒をいるタイプ

 

 

丸富製紙の直販ショップはこちら。

グリーンコンシューマーのお店

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

広告

広告

Google

広告

広告

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM