「ゼロの日常」で安室さんが教えてくれた「梅昆布茶」を使って、「鍋の出汁」を作ってみました。

  • 2019.11.23 Saturday
  • 09:27

 

こんにちは。

 

最近、寒くなってきたので今季初の「鍋」をしました〜。

 

我が家は土鍋がなくて、普通のステンレスの鍋で煮込んでいるので、写真はなしでお願いします。

 

まあ、鍋というよりも、ただ煮込んだだけとも言いますが。

 

 

お皿に盛ったものがこちらです。

 

 

鍋の出汁なんですが、

 

主人が教えてくれた方法で作りました!

 

学生時代から居酒屋とか飲食店でのバイト経験が豊富で、

独身時代は外食が多く、安くて美味しいお店を知っている主人は、私より料理に詳しいのです。

 

 

出汁の材料は、

 

・塩昆布

 

・梅昆布茶 

 

この2つのみです。

 

分量に関しては、私自身も味を見ながら入れていまして、

 

それぞれの好みがあるので、表記はしませんが。

 

私の感覚で伝えると、

 

塩昆布が「ちょっと多いのかなぁ〜」というくらい。

 

梅昆布茶は、初めに5グラム入れて、あとは味を見ながら足していくという感じです。

 

 

主人からは、

 

「味が薄いなら、醤油で調整してね」とのことです。

 

我が家は主人の高コレステロール対策で薄味にしているので、醤油は使ってません。

 

 

ハッキリ言ってしまうと、

 

ただの「昆布だし」ですよね。

 

塩昆布の塩加減が丁度よくて、

 

足りない昆布の成分を「梅昆布茶」で補っているのです。

 

梅昆布の「梅」の部分は、あまり感じませんでしたが。

 

 

昆布を買ってきて出汁を取るのは大変なのですが、

 

この方法だと、簡単ですよ!

 

 

 

ちなみに我が家は「梅昆布茶」を常備しております。

 

その理由は、こちらのコミックス。

 

 

名探偵コナン ゼロの日常(1) (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕) [ 新井 隆広 ]

 

安室さんが

「良質な睡眠には寝る前に梅昆布茶を飲むといい」と言っていたからです。

 

これが、本当に睡眠の質が上がったので、

初めは興味本位で買ってみたのですが、それから常備してあります。

 

 

安室さんのおかげで、料理の幅が広がりました。

 

(あとは、梅昆布茶の活用法を教えてくれた主人のおかげ)

 

 

まさか、鍋の出汁にも使えるとは…。

 

最後には、ご飯と卵を投入して「おじや」にして食べました。

 

 

 

漫画にも、いろいろな生活のヒントが隠されているって、いいですよねぇ。

 

そのヒントを応用していくのも楽しいです。

 

 

安室さんは主夫にもなれますよ。

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

広告

広告

Google

広告

広告

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM