一生懸命生きていれば、いつかは幸せに導いてくれる人が現れるのよ、とこのエッセイを読んで改めて感じました。【夫婦エッセイ】 (著者 めぐぞう)

  • 2019.11.22 Friday
  • 13:42

 

こんにちは。


今日も気になった作品を紹介させていただきます。


今回は、pixivでエッセイ漫画を描かれている「めぐぞう」さんです。

 

 

失礼な言い方ですが、

毒親の元で育っためぐぞうさんが、結婚して幸せに暮らしているという夫婦エッセイです。


正直なところ、「私と似ているなぁ」と失礼ながらも感じてしまいました。


育った環境もですが、考え方も少し似ている気がします。

私は、めぐぞうさんほど強い女性ではなくて、ウジウジしているので、

このエッセイを読んでいると、「カッコいい!」「素敵な女性だ」とトキメキを感じています。
 

 

私も初めて付き合った男性と結婚しているので、共感できることが多くて更新を楽しみにしているんです。


ご主人である「たかぞう」さんも、私の主人と似ている感じがありまして。


私自身も「闇が深い」と言われるのですが、

めぐぞうさんと同じく、その闇をすっぽり包んで?というか、

「そんなん、無視しておけばいいのよ〜」とうまいこと誘導してくれたり、というところが似ているなぁと。


魚が嫌いなところとかも似て居るのですが、

「浮気を面倒くさい」と言うところとか。
 

 

 

素敵なご夫婦だなぁと、ほのぼのしております。
 
まあ、私たちも付かず離れずの仲良しですけどね!
 
 
なんて、のろけや対抗意識を燃やしているわけではなくて(笑)
 
 
なにが言いたいかというとですね。
 
結論から言うと、
 
「一生懸命に生きていれば、いつかは幸せがやってくるのよ」ってことです。
 
 
私も、めぐぞうさんも30歳を過ぎるまで世間で言われるところの「毒親」に苦しんでいたんです。
 
けれど、それは苦しいって自覚していたわけではないんです。
 
周りから見て「おかしい」「毒親」という状況が「当たり前」と思って生きてきたんですよ。
 
 
目の前の仕事を一生懸命やって、
 
とにかく必死に生きてきて。
 
ひたすらに自分を犠牲にして生きてきて。
 
その自己犠牲は、他人には優しさに見えるかもしれないけれど。
 
 
そうやって、一生懸命生きていると、
 
ふとしたときに「ポンッ」とガシャポンが出てくるみたいに、幸せに導いてくれる人が現れたりするんですよ。
 
 
自分に合う人とでも言うのでしょうか。
 
夫婦というよりもパートナーですね。
 
 
めぐぞうさんと、たかぞうさんは「最高で最強のパートナー」なんだなぁと。
 
 
私たち夫婦と、めぐぞうさん夫婦は似てはいるものの、私にはまだまだ弱い部分があるので…
 
このエッセイでいろいろ勉強させていただきます!
 
 
めぐぞうさんのエッセイはpixivで読めますので、気になった方は是非!!
 
 
泪-rui-
 
 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

広告

広告

Google

広告

広告

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM