こんにちは、泪-rui-です。

 

 

小説 【彩られた無色】の一覧ページです。

 

 

 

小説 【彩られた無色】 はじめに。

 

 

小説 【彩られた無色】 第1話 ただ、生きている。それだけのこと。

 

 

小説 【彩られた無色】 第2話 私は感情を作り出している。

 

 

小説 【彩られた無色】 第3話 興味がないから、人の顔など覚えられない。

 

 

小説 【彩られた無色】 第4話 理不尽でも仕事なら受け入れる。

 

 

小説 【彩られた無色】 第5話 「出会い」を強要されることもパワハラなのか

 

 

小説 【彩られた無色】 第6話 「楽しい」なんて感情を抱くことは、許されないのに

 

 

小説 【彩られた無色】 第7話 「人間らしさ」など捨てたはずなのに

 

 

小説 【彩られた無色】 第8話 「私という存在」が許されるためにしていることがある

 

 

小説 【彩られた無色】 第9話 どうして、私を責めたりしないのだろうか

 

 

小説 【彩られた無色】 第10話 幸せになってはいけないのに。

 

 

小説 【彩られた無色】 第11話 「優しさ」を拒絶できない

 

 

小説 【彩られた無色】 第12話 彼の傍にいてはいけないのだ

 

 

小説 【彩られた無色】 第13話 一緒にいることに、違和感がないから困る

 

 

小説 【彩られた無色】 第14話 私なんかと会うことが、嫌ではないのか不安になる

 

 

【小説】 彩られた無色 第15話 幸せから逃げた

 

 

小説 【彩られた無色】 第16話 自分で壊した世界の音がする。

 

 

小説 【彩られた無色】 第17話 優しさを気付かせない人が、すぐ傍にいた。

 

 

小説 【彩られた無色】 第18話 認めてくれる人がいたのに、どうして私はツラいのだろう。

 

 

小説 【彩られた無色】 第19話 どうして、あなたは笑うのだろう。

 

 

小説 【彩られた無色】 第20話 幸福感を抱くことは、許されないのに。

 

 

小説 【彩られた無色】 第21話 仮面を見破られていた私は、なんて滑稽な哀れな女。

 

 

小説 【彩られた無色】 第22話 彼を信じてもいいのかもしれない。

 

 

小説 【彩られた無色】 第23話 死にたいわけでもないけれど、生きたいとも思えない。

 

 

小説 【彩られた無色】 第24話 人と関わることを拒み続けてきた

 

 

小説 【彩られた無色】 第25話 運命はあるのかはわからない。

 

 

小説 【彩られた無色】 第26話 幸せになっていこう

 

 

小説 【彩られた無色】  あとがき 

 

 

連載中ですので、次回をお楽しみにしていてください。

 

 

 

泪-rui-

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

広告

広告

Google

広告

広告

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • あなたは、あなたを大切にしてください。私は私を大切にします。
    泪-rui-
  • あなたは、あなたを大切にしてください。私は私を大切にします。

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM