キッカケは、大好きな津田健次郎さんが、出演されていたからですが、ストーリに見事にはまってます。「警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナー」

  • 2019.11.06 Wednesday
  • 08:15


こんにちは。

最近、ハマっているアニメです。

 

    

 


警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナー
 
 
もともと警察や刑事ものが好きなのもありますが、
 
「auビデオパス」を見ていたら、見逃し配信をしていて、
 
キャストを見ていたら、「津田健次郎」さんがいらっしゃったので見始めました。
 
津田さんの声が好きなので、見始めたのですが、
 
他にも大好きな、森川智之さんや、平田広明さん、甲斐田裕子さんもいらっしゃったので、
 
毎週、楽しみに観ています。
 
 
津田健次郎さんが大好きで見始めたのですが、
 
森川智之さんが、素敵に年齢を重ねたためか、おじさま役でも声が素敵すぎてエロいです。
 
ドキドキしてしまいました。
 
 
私、声フェチなので。
 
 
時代設定やストーリーも面白くて、ハマっています。
 
ファンタジーと現代を合わせた設定でして。
 
エルフ、ドワーフ、吸血鬼、ホムンクルス、人間など様々な種族の子孫が暮らす世界で、
 
古来に争いの頂点として君臨していた「ドラゴン」を、現在でも心酔し、
 
テロを起こしている凶行組織「ナイン」に対抗するのが、「警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課」、
 
通称「トクナナ」です。
 
 
ルーキーの七月くん(声・下野紘)と、一ノ瀬さん(声・津田健次郎)のコンビが最高に可愛いですし、
 
体力もない、狙撃もドヘタな一ノ瀬さんは、本当に頭脳だけの人で、それも可愛いです。
 
 
でも、私が一番ドキドキしているのは、四季彩さん(声・甲斐田裕子)の美しさと、
 
甲斐田裕子さんの綺麗な声ですね。
 
 
 
アニメストーリーの前のお話が漫画になっていると知って、
 
さっそくコミックを読んでみたのですが、
 
一ノ瀬さんが七月と接している態度の理由が、なんとなくわかったり、
 
これが、トクナナの基板なのだなぁと。
 
 
今、放映している段階では、二条さん(声・鈴木達央)が、一ノ瀬に対してなにか思うところがあるようで気になっていたのですが、
 
この「警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 トクナナFile.0」を読んでいけばわかるようです。
 
アニメの伏線が、ここに隠れているのですね〜。
 
 
漫画も、アニメも楽しみにしていきます!!
 
 
「警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 トクナナFile.0」は、書籍版もありますが、
BOOKWALKERや楽天koboにて電子書籍で読めますので、気になった方はどうぞ。
 
ちなみに私はBOOKWALKERで読ませていただきました。
 

 

 

書籍版はこちら。

 

 

 

 

 

電子書籍版はこちら。

 

 

 

 

 

auビデオパスで見逃し配信しています。 

 

ビデオパスは、定額制でたくさんのアニメ、ドラマ、映画など見放題です。

最新アニメ、ドラマも見逃し配信で観ることができますよ!

 

(注意・見放題プランで見れるものと、レンタル(別途料金)で観るものがあります)

(見放題だけでも、充分に楽しめるので、オススメです!!)

 

トクナナは、見放題プランで観ることができます!

 

 

アニメ「警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナー」公式サイト
http://www.tokunana.jp/

 

現実にも同じような経験をしたことを思い出しました。どんな環境でも頑張っているあなたを見ている人はいるんです。  【シンデレラの罠】   (著者・暗藤 来河)

  • 2019.11.05 Tuesday
  • 15:07
 
こんにちは。
 
おススメのカクヨム作品を紹介させていただきます。
 
 
――――――
 
作品タイトル 【シンデレラの罠】
 
著者 【暗藤 来河】
 
ジャンル 【ミステリー】
 
タグ 【ミステリー/友情/高校生/短編/カクヨムオンリー/万人向け/シンデレラ/ガラスの靴】

 
 
【完結済み 全2話】
 
 
――――――
 
 
この作品を読んで、まず思ったことは、
 
「似たようなことが、現実であったな…」ということです。
 
 
私が小学生のとき、クラスの女子たちが「悪口交換日記」をしていて、それが担任にバレたことがあったんです。
 
バレた理由は、教室の先生の机の上に置いてあったから。 
 
 
恐らく、「悪口交換日記」に無理やり参加させられていた誰かが、故意に先生の机に置いたのだと推測できます。
 
 
この作品を読んで、「そんなこともあったなぁ」と懐かしくなってしまいましたね。
 
そして、そのとき「故意に先生の机に置いた」という行動をとった子の気持ちが、改めてわかりました。
 
作品の中では、仲野さんということになるのでしょうか。
 
 
いじめの、一番の解決方法は、クラスの中で人気も、権力もあり、頭の回る生徒が、解決させることなんですよね。
 
それが、なかなか難しいことではあります。
  
 
私の経験と、そのとき「こうなったらよかったのになぁ」という理想が相まって、
 
なんというか、感慨深くなりました。
 
 
「いじめ」を解決するのは難しいですが、こんな学級委員長と副委員長がいてくれるなら、
 
クラスは平和になるんだろうなぁと、
 
こんな方たちがいてくれればいいのになぁと羨ましくなってしまいます。
 
 
継母たちにいじめられていたシンデレラは、復讐をしたいと思えないほど疲弊しきっていたけれど、
けれど、健気でひたすらに頑張る、優しい彼女に惹かれた魔女がいて、
彼女の救ってくれる王子様がいる。
 
 
周りから見たら、どんなに酷い環境であっても、
その中で、ひたすらに頑張って、みんなに優しくしていれば、
どこかで誰かが見ていて、救いの手を差し伸べてくれる。
 
 
そんな素敵なお話です。
 
 
泪-rui-
 
――――――
 
 
【作品ページ】 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054890786518
【カクヨムプロフィールページ】
https://kakuyomu.jp/users/999-666
 
 
――――――
 
泪-rui-のカクヨム情報
https://kakuyomu.jp/users/rui-wprld
 
 
 

変わるキッカケはどこにあるかわからないから、行動してみるしかない。 【ライフライン 〜いのちのでんわ〜 ( 著者 賢者テラ)】

  • 2019.11.03 Sunday
  • 13:48

 

こんにちは。

 

おススメのカクヨム作品を紹介させていただきます。

 

――――――

作品タイトル 【ライフライン 〜いのちのでんわ〜】

 
著者 【賢者テラ】
 

ジャンル 【現代ドラマ】
 

タグ 【電話/犯罪/アクション/悩み相談/短編】

【完結済み 全1話】

――――――


この作品を読んで「凄い」と感じたことと同時に「確かに…」という納得感を得ました。

今は、どこの市町村にも設けられている「いのちのでんわ」ですが、
実際に効果が出ているかというのは、五分五分だという話を聞いたことがあります。

私は「死にたい」と感じてしまうことは、当たり前のことだと考えています。
けれど、生きていれば楽しいこともあるのも事実であり、自ら命を絶つなんてもったいないことはしてほしくありません。

世の中には楽しいことがたくさんあって、あなたを必要とする人は絶対にいるということを伝えたい。

そう思っている私の心に突き刺さる作品でした。


「死にたい」「この世に必要とされていない」

死を望むときは、そういった考えで頭が埋め尽くされているものです。
けれど、誰かと話をしたとき、なにか行動を起こしたとき、
なにがキッカケになるかは、誰にもわからないけれど、「生きたい」と思うようになることがあります。

ただの偶然でも、奇想天外な事でも、キッカケなんてどこに転がっているかはわからない。
このお話の中では、生きることに絶望した女子高生が現実ではありえないことが起こって、生きることに希望を持ちます。
もちろん、小説の中のような出来事は滅多に起こりません。

「そんなの物語の中だけだ、現実をみろ」などと言う人が周りにいても無視していいと私は考えています。

死にたいと思っていても、なにがキッカケで「生きてみてもいいかな」と思うかは人によって違います。
人生、なにが起こるかなんて誰にもわかりません。

そして、嫌っていた誰かと仲良くなるキッカケも、どこにあるかはわかりません。

この物語に登場する女子高生は「いのちのでんわ」に相談したことで、気持ちが変わりました。
「誰かに相談する」という行動を起こしたからです。
きっと彼女には「死にたい理由」はあっても、「死にたくない理由」「生きる理由」がなかったのです。


確かに物語の中だからこそ、現実では起こらない出来事でしたが、
現実の中で考えたとき、どんなに些細なことでも、偶然でも、他の人にはわからないくらいくだらないことでも、
「生きてみてもいいかな」と感じることがあります。

学校生活を送っていると、そこしか見えていないことが多く、
大人になって社会に出れば、そこがどれだけ小さな世界だったかがわかります。

そんな小さな世界で嫌なことが起きていて、下ばかり歩いていて、ふと上を向いてみたら空が青くて綺麗だった。
「上を見た」という行動があったから気付いたことです。

そんな小さなことでも「生きているっていいな」と思うこともあります。


自ら行動した小さな行動で、生きる希望を見出すことができるということを再確認させてくれた作品でした。



泪-rui-

――――――

 著者 賢者テラの情報

 
【作品ページ】
https://kakuyomu.jp/works/1177354054891000909
【カクヨムプロフィールページ】
https://kakuyomu.jp/users/eyeofgod
 

 

――――――

 

泪-rui-のカクヨム情報

https://kakuyomu.jp/users/rui-wprld

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

広告

広告

Google

広告

広告

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM