「夫婦共働き」「女性の社会進出」というのは、女性が向上心を持ったという証なのだと思う。

  • 2019.11.17 Sunday
  • 06:25
 
こんにちは。
 
気になったニュースについて、いろいろと語らせていただいています。
 
 
コチラのニュースです。
なぜスウェーデンでは専業主婦=失業者なのか
https://news.infoseek.co.jp/article/president_30799/

――――――――――
 
初めにニュースタイトルを見たときは、
 
「え、酷い。専業主婦だって役割はあるのに」と負のイメージを抱きました。
 
 
日本ではなく、スウェーデンの話なのです。
 
 
私自身、在宅ワークをしながら主婦をしておりますが、
 
収入は主人の扶養範囲に収めています。
 
 
それでも、時間に余裕があるので、
 
ほぼ専業主婦と言ってもいいかもしれません。
 
まあ、本当の意味では専業主婦ではないのですが。
 
 
私は自分のことを「自由業」と称しています。
 
 
 
スウェーデンでは、「共働きが当たり前」の社会であり、
 
専業主婦は「失業者」の扱いになるようです。
 
 
日本でも共働きが当たり前の風潮になってはいますが、
 
まだ専業主婦が認められており、職業欄には「主婦」と書くことができます。
 
そして、配偶者である夫の扶養に入り、社会保障が受けられます。
 
 
専業主婦は仕事をしていないわけではなく、
 
炊事洗濯などの家事や、家計管理などが仕事です。
 
 
私の考えですが、
 
専業主婦は、生活の保障と、社会保障を受けることで、「配偶者である夫から現物支給を受けている」のです。
 
炊事洗濯をして、毎日3回、ご飯を作り、
 
家族に不自由のない生活をさせることが役目です。
 
 
正直、自分のお小遣いというものは、殆どありません。
 
家事をして、料理を作って、生活にかかる経費をすべて出したうえで、
 
節約してあまったお金を「ちょっとご褒美に」とするくらいにしか。
 
 
基本的に、嫁である私の稼ぎは「基本は貯蓄」になります。
 
 
我が家では、主婦である私の立場が極端に弱いということはありません。
 
毎日の炊事洗濯、掃除をしているからというのもありますが、
 
主人から「預かった」生活費の収支報告などを徹底しているので、主人から信頼されているというのもあるでしょう。
 
 
主人が働いて稼いで生活費として私に渡しているお金は、
 
「貰っている」のではなく、「預かっている」だけです。
 
私が好き勝手に使っていいお金ではなく、家庭のために使うお金なのです。
 
故に出資している主人に対して、収支報告をすることは当たり前だと考えています。
 
 
ある意味で、私は主人に雇われているのです。
 
 
 
しかし、そのような関係、生活が成り立っている最大の理由は、
 
私が「ひきこもり体質」だからです。
 
 
独身時代から、「いかに在宅で稼ぐか」を目的として、
 
正社員で外で働きながら、
 
寝る間も惜しんで知識を得て、行動し実践してきました。
 
 
「出不精」であり、物欲もありませんし、ブランド品にも興味はありません。
 
 
言い換えれば、
 
「仕事大好き」「稼ぐの大好き」だけれども、「生活は生きていければ、それでいい」とでもいうのでしょうか。
 
 
よく言われる「健康で文化的な最低限度の生活」が自力でできていればいいと考えています。
 
 
つまり、私には向上心が少ないのです。
 
 
話をもとに戻しますが、
 
現代社会では「女性の自立」だったり「女性の社会進出」という風潮があります。
 
だからこそ、女性は外で働きたいと思っているし、
 
働いたことにより、自由に使えるお金を得て、オシャレをしたりできるのです。
 
昭和時代は、「女は男を立てる」「女は家を守る」という風潮で、
 
女性が会社勤めをするなどということは、あまりありませんでした。
 
逆に働いている女性が批判されたりもしましたし。
 
 
「夫婦共働き」の風潮が強くなったということは、
 
女性の向上心が強くなったり、男性と同等に扱ってほしいという気持ちがあったり、
 
今まで虐げられていたような節があったこともあり、見返してやりたいという気持ちがあるのではないでしょうか。
 
 
恐らくではありますが、
 
スウェーデンの女性はずっと昔から「男女平等」な風潮だった故に、
 
「夫婦共働きが当たり前」なのだと考えました。
 
だからこそ、働けるように幼稚園、保育園などの整備がきっちりとされているのです。
 
待機児童なんて言葉が存在しないのがその証拠です。
 
 
夫婦共働きは、女性が向上心を持った証拠ではありますが、
 
「主婦」として家を守るという風潮が根強い日本には、まだまだ課題はありますね。
 
 
「お国柄」といってしまえば、それまでですが、
 
国によっては「専業主婦」が職業として確立されており、国から認められているところもあります。
 
中には章を与えられるところもあるようです。
 
 
日本は、先走って制度を整えないまま改革を謳っているので、
 
専業主婦であっても、周りの声を気にせずに、
 
自分の家庭の生活が安定しているのであれば、そのまま専業主婦でいればいいと考えています。
 
 
今は、在宅でスマホとかパソコンでも内職ができますからねぇ。
 
 
泪-rui-

 

「日本語力」「国語力」の低下の問題なのでは…と考えてしまいました。

  • 2019.11.16 Saturday
  • 11:19


こんにちは。

気になったニュースについて、いろいろと語らせていただいています。


コチラのニュースです。
「ケーキの数は何個のいくつ分ですか」 大人でも解けない?難解すぎる小2のテストが話題
https://news.infoseek.co.jp/article/jtownnet_297733/

――――――――――


このニュースを読んで、まず初めに感じたことを簡潔に言えば、


「出題者側の日本語能力に問題があるのでは?」ということです。



文部科学省の学習指導要領に沿って、このような不可解な文章になったであろうということですが、


多くの方が「質問の意味がわからない」といっているように、

私にもわかりません。



基本的に、算数や他の教科に関しても、

基板となるものというよりは、

絶対に確実に身についていなければいけないものは「国語力」だと言われています。


しかし、問題文を見ても、

「回答者に国語力がなかった」とは言えないと感じますよね。


日本語は、正解の中でも難しい言語とは言われていますが、

日本国民が、日本語を上手に使えないというのは、微妙は感じです。


「何個のいくつ分」という日本語は、

英語を直訳して日本語にしたようなな言い回しです。


美しい日本語を使えない方が増えてきているとは聞きますが、


このニュースを読んだことをきっかけに、

日本語の美しさについて学ぶキッカケになったら嬉しいですね。



私は日本語マニアとまではいきませんが、

日本語の美しさや多様さに心惹かれている人間で、言葉遊びも大好きなんですが、


たまに、「言っている言葉の意味がわからない」「そんな単語は知らない」と言われることがあります。

年配者と話していても、話の内容を理解されないことがありますが。


触れていくと、なかなか楽しい世界です。


まあ、言葉や言い回しが難しすぎて、馴染みにくい、絡みにくいと思われていますが。



日本語って素敵だし、

言葉遊びもたくさんできるし。


覚えていくと楽しいので、

たくさん本を読んでくださいね。



泪-rui-

 

教師っていうのは「中身がまったくない権力」を振り回しているだけだから、「いじめ問題」を相談するのはやめたほうがいい。

  • 2019.11.11 Monday
  • 05:51
 
こんにちは。
 
気になったニュースについて、いろいろと語らせていただいています。
 
 
コチラのニュースです。
中学女子、教諭に工作用はさみで髪切られ不登校…両親が市を提訴
https://news.infoseek.co.jp/article/20191109_yol_oyt1t50114/
 
 
――――――――――
 
私個人の考えなのですが、
 
「いじめ」がこの世からなくなることはありません。
 
 
私も一応、いじめを受けた経験がありますが、
 
いじめ自体はそこまで気にしたことはありません。
 
 
それよりも辛かったのは、
 
「親、教師などの大人が、周りと協調させようと強制したこと」です。
 
 
友だちと同じであること、仲良くすることを強制したことで、
 
私は、精神的に追い詰められていきました。
 
 
この「教諭に髪を切られた女子生徒」のニュースに関してだけではなく、
 
学校で起きるすべての「いじめ」などの問題に言えることですが、
 
 
例え「教師」や「親」であっても、完全ではなく不完全な存在であるということです。
 
 
苦しみを抱えている子どもたちの周りにいる大人の多くは、
 
「周りと同じこと」「周りに合わせること」を強要しており、
 
「周りと違うこと」「周りと違うことで、問題を起こされること」を嫌っています。
 
 
そして、周りと違う子どもを、周りと同じになるように強制したり、排除したりします。
 
問題を起こさないように、
 
さらには、教師や親の責任にならないようにと、根回しをしていたりするものです。
 
 
要するに「責任逃れ」でしかないのですが、
 
人間とはそういうものです。
 
 
私自身も、学生時代には教師から嫌味を言われたりしてきました。
 
ただ、私は学校側から色々な配慮をしていただいていましたが、
 
それは、私が学校を脅したからです。
 
 
いじめ等の問題に関しては、
 
私が証拠集めや、被害届の提出、訴訟の準備を高校生である私個人が勧めていたことが学校側に露見したことや、
 
(世間体が大事な親と、学校側に阻止されましたが)
 
教諭からの嫌味や嫌がらせに対して、
 
ニコニコと笑顔で「そうですね」と返答していたことにより、
 
学校のボス的存在である教諭たちからは、苦手な生徒とされていたようです。
 
 
その頃から、大人は信用できない、学校の先生もただの人間であると、なんとなく理解していました。
 
故に、公的機関、法的機関から対応してもらうことを頭に置いていました。
 
 
思い返すと、
 
高校生の女が、ここまでのことをしようとしていたというのは自分でも恐ろしいと思っています。
 
ただ、高校生故に「詰めが甘かった」「やり方が、拙かった」ということがあり失敗に終わりましたが。
 
 
そのせいで、学校を辞めさせてもらえなかったり、周りと仲良くすることを強要されたりと、
 
精神的な不調が加速してしまいました。
 
 
これは、私の人生での大失敗でした。
 
  
 
結局、なにが言いたいかというと、
 
学校は「いじめ問題」を見て見ぬふりしたり、なかったことにする傾向が強いので、
 
学校に相談するよりも、
 
さっさと、警察や法的手段をとる準備をしましょう。
 
 
私のように子どもが1人でしていると、失敗するので、
 
親御さんも、しっかりと知識を持って被害届や法的手段をとることです。
 
 
そのためには、お子さんとの普段からのコミュニケーションや、
 
親が「よき相談相手」であるようにすることが大切です。
 
 
10代の頃に受けた心の傷は一生、残ります。
 
傷を受ける期間が長引くほどに、その後の人生に大きな影響を及ぼします。
 
 
長い人生を考えたとき、
 
学校に行っている期間など、ほんの僅かであり、
 
大切なのは「学力」ではなく「生きる力」「稼ぐ力」です。
 
そんなものは、どこの学校に行っても、独学でも、地域で開催される勉強会でも身に着けることができます。
 
 
私自身も、一応「高校卒業」ということになっていますが、
 
学力としては「中卒レベル」です。
 
 
それでも、結婚して、そこそこいい生活ができているのは、
 
「生きるための知識」を持っているからであり、独学で様々なことを学んできたからこそです。
 
それでも、過去のトラウマに苦しむことはあり、外に働きに出ることに抵抗感があります。
 
 
「学校」に意味がないとは言えませんが、
 
「ツラい場所」に無理に行く必要はないし、
 
 
結局、学校の先生だって、ただの人間だし、完璧ではないし、最終的に我が身大事だから、
 
期待してはいけないよ、ということだけ言いたいです。
 
 
「先生」という中身がまったくない権力を振り回しているだけですからね。
 
 
※すべての教師がというわけではないと思いますが。
 
 
 
泪-rui-
 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

広告

広告

Google

広告

広告

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM